夜行バスは費用面でのメリットがとても大きいんです!

バスで長距離を走るとなると、かかる時間も長くなります。
それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。
まず何もすることがなくて暇でつらいという人にはモニター付きの車両がオススメです。
下を向いた姿勢がつらくて本が読めない人も座席の前にあるモニターでの映画やゲームなら楽しみやすいかもしれません。
それから座った姿勢でいるのが苦しいという人は余ったタオルや毛布で枕を作って腰などにあてたり、あるいはフルフラット状に座席を倒せるような車両を利用したりするのが良いでしょう。
トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。
東京大阪間はウィラーなどの格安高速バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。
時間はかかりますが料金的には数千円とお安くなっています。
他の移動手段でこの区間を移動するとなると新幹線でなら時間は3時間かかり14500円ほどの金額になります。
飛行機で行くなら飛行時間は1時間ほどですがネックは交通の便と費用面で安くても一万円です。
こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。
もちろんだからと言って安ければ良いというわけでもないでしょうし利用目的なども含め自分がどうしたいのか選択する必要があると思います。
最も安い移動手段のひとつとしてオリオンバスやVIPライナーみたいな格安高速バスが知られていますが往復料金でもう少しお安くすることも可能なのでしょうか。
調べたところ行きと帰りで同じ区間乗るという場合には割引されるということもありそうです。
ただし往路のバスに乗車する前に予め両方の乗車券を買っておくことが必須なのだそう。
また中には適用外という路線もあるそうなので事前にサイトなどで確認しておくことをおすすめします。
まあもとから格安の料金設定なので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。

夜行バス格安の寝心地はいいの?シート選びも楽しい!【快眠できそう?】