リフォームローン審査の必要書類は何?申し込み方法は簡単? 【Q&A】

リフォームローンの口コミというのは、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査が厳しいと言われてます。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事には全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

また減税の申請は自己申告制なので確定申告を行わなければ適用されません。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、いくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

アプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

リフォームローンを利用するに当たりいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額は1/10程度しかありません。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

返済に無理のない借入額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンの頭金は工事業者によって異なります。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はその原因を分析する必要があります。

参考:リフォームローン審査の必要書類は?リフォームローンの申し込み! 【Q&A】

まず、落ちた理由として考えられることは希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

勤続年数や会社の経営状況、雇用形態等に融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる第一歩となります。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資額は50万円以上1 000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

利率は変動金利型となっており、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税の控除が可能です。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件が指定されていて定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

期間や上限金額も重要な要素ですし、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

また、団体信用生命保険の加入可否や手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンは種類が多いのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保の有無によっても金利が変わり近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプには2種類あって変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

加えて、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るローンです。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームです。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によってかなり異なります。

低金利の場合1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。